"音"で世界の人を幸せにする!

サウンドファンは音のバリアフリー実現のミライスピーカーや現代のコンフォートオーディオを通じて
皆様の幸せのお役に立ちたいと願っております!

2016年5月19日(木) 『吉祥寺JBL戦争その2 「ジャズ喫茶という文化」』

今週はジャズ喫茶にふさわしい、クリフォードブラウンを聞きましょう。
ハードバップと言ったらこの人でしょう。






???? ???? ???? ???? ???? ???? ???? ????

今週のエッセイ 
『ジャズに捧げるオーディオからの10章-2』

第1章 吉祥寺JBL戦争その2 「ジャズ喫茶という文化」

JBL戦争は1970年代のことですが、先週の記事を読まれた感想はいかがでしたでしょうか。

1970年代は、高度成長経済が最初の頂点を迎えつつある熱い時代でした。

当時の若者が情熱を傾ける先にオーディオとジャズがありました。

吉祥寺を訪ねると、今も「メグ」や「サムタイム」など、幾つかのジャズ喫茶は健在です。

かつての文化の「形」が残っていて、今も生き続けているのだと思えるのは幸せなことです。

しかし、ジャズ喫茶もオーディオも今も健在ですが、ビジネス規模やマーケットは当時とは比べ物にならないくらい縮小しています。

当時の盛り上がりはなんだったのか、と思います。

一応、「ファンキー」と寺島さんの「メグ」が、その後どうなったかを書いておきます。

ファンキー」という店のいきさつですが、お父さんが経営していた店を、当時学生だった息子さんがその頃のトレンドを取り入れて人気のジャズ喫茶にしたとのことで、その息子さんがパラゴンで勝負に出た、ということのようです。

現在の「ファンキー」は、吉祥寺再開発などで現在の店は昔とは違うところなのだそうですが、ジャズ喫茶という形態からレストラン風に変わっていていますが、お店の一角にはパラゴンが鎮座しているとのことです。

つまり「ファンキー」は時代の風に乗り、一斉を風靡して、流れが変わった今はジャズとは一線を置いている生き方をしています。

ビジネスとしては素晴らしいですね。

かつてのバラゴンでのジャズ喫茶は時代を反映していて、それが結果的にジャズとオーディオ文化に貢献しています。

一方、寺島さんの「メグ」は、今も地道にジャズ喫茶として存在し、吉祥寺のジャズ、日本のジャズにも貢献しています。

メグ」でのオーディオ機材の変遷を見ると、パラゴンと張り合った頃のオリンパスから、現在はアバンギャルドという大きなホーンスピーカに変わりました。

アバンギャルド(下写真参照)のその形態から寺島さんの意気込みが感じられます。

寺島さんはジャズ評論の世界ではすでに大御所で、雑誌連載記事も持っていたり、ジャズ関係の本も多数出しておられます。

まさにジャズへの情熱で店を運営しているのです。

インターナショナルオーディオフェアでは時々オーディオメーカのブースでトークをしていて、ジャズの語り口とかける音楽はさすが、と思わせるものがあります。

今日の音楽はクリフォードブラウンですが、何年か前のインターナショナルオーディオフェアで、モアスタディークリフォードブラウン、といった内容で講演されていて、そこで私もクリフォードブラウンというアーティストにはまった、というよう経緯です。

ところで、ジャズ喫茶という業態ですが、現在も健在であることには感激します。

寺島さんの「メグ」も健在ですが、東京四谷には今も「イーグル」というジャズ喫茶が、昔そのままに会話禁止でやっていますし、新宿には「Dug」という店があり、ここは昔のままに気軽にはいれてジャズと軽食、会話を楽しめる店として健在です。

嬉しいのは、「イーグル」もJBLのスタジオモニターシリーズの4344が活躍していて、パラゴンに通じるこれぞJBLというその真髄が聞けます。
Dug」でも、JBLのフルレンジスピーカが健在で音楽を鳴らしています。

そういえば、2月ごろに紹介した(第70回第71回)岩手県一関市の「ベイシー」も、ハーマン(JBLを扱う会社)の社長が詣でるほどの存在感のあるジャズ喫茶です。

音楽にはいろんな聞き方があって、ジャズもいろいろなところで使いやすい音楽ですから多くの方に身近だと思いますが、私としてはこういったジャズ喫茶の存在を知って、ジャズとジャズの音を再認識していただきたいと思います。

そしてここにこそ我らのジャズがあり、私の思うジャズの音があることを知っていただきたいな、と思う次第です。

*写真のスピーカーは「メグ」にも設置されているアバンギャルド、というスピーカーで、インターナショナルオーディオフェアでの撮影です。

新着記事一覧

第86回:2016年5月26日(木) 『吉祥寺JBL戦争その2 「ジャズ喫茶という文化」』
第85回:2016年5月19日(木) 『吉祥寺JBL戦争』
第84回:2016年5月12日(木) 『大作曲家への演奏家の思い』
第83回:2016年5月5日(木) 『少年と過ごした素敵な時間』
第82回:2016年4月28日(木) 『フランス音楽の森』
第81回:2016年4月21日(木) 『伝えたい思い(熊本地方の震災に寄せて)』
第80回:2016年4月14日(木) 『ドビュッシーからフランス音楽の魅力に迫る』
第79回:2016年4月7日(木) 『イギリスには美味しいものはないと言うけれど』
第78回:2016年3月31日(木) 『英国詩、仏詩などの世界』
第77回:2016年3月24日(木) 『モーツアルトは真珠、ドビッシーは光のように』
第76回:2016年3月17日(木) 『歌詞でも楽しめるビートルズの曲』
第75回:2016年3月10日(木) 『イギリスの不思議』
第74回:2016年3月3日(木) 『買い物で6回 I’m sorryを言う英国おばあちゃん』
第73回:2016年2月25日(木) 『音作り仕事で触れたイギリスの不思議』
第72回:2016年2月18日(木) 『「レオン・ラッセルを知ってますか⁉ 」』
第71回:2016年2月11日(木) 『ジャズはベイシーで聞け(その2)』
第70回:2016年2月4日(木) 『ジャズはベイシーで聞け‼ 』
第69回:2016年1月28日(木) 『鎌倉、石窯ガーデンテラスの素敵な音』
第68回:2016年1月21日(木)『ブラインドテストの功罪』
第67回:2016年1月14日(木)『季節の音を聞くーサウンドファンポコシステムの音など』

代表サトカズが語る

ポコアンプ3のBluetoothの設定の仕方です。とても簡単ですよ♪上の帯のタイトルをクリックすると大きい画面で見れます。

ポコスピーカーSF30H4WC愛称:ホワイトキャンバスの視聴を上げました。

(株)サウンドファンの製品紹介です。ミライスピーカーとポコアンプ3になります。