"音"で世界の人を幸せにする!

サウンドファンは音のバリアフリー実現のミライスピーカーや現代のコンフォートオーディオを通じて
皆様の幸せのお役に立ちたいと願っております!

2016年8月4日(木) 『JBLとジャズの深い関係』

今週は、エディヒギンスのスローな曲を聞きましょう。

???? ???? ???? ???? ???? ???? ???? ????

今週のエッセイ

ジャズに捧げるオーディオからの10章その9
『JBLとジャズの深い関係』

 

ジャズについて書いてきましたが、やはりジャズといえば、JBLについて語らないわけにはいかないでしょう。

JBLという会社のスピーカーをご存知でしょうか。

少し前に、神保町のビッグボーイというジャズ喫茶を紹介しましたが、そこで使われていた4343というスピーカーは1976年に発売され10年ぐらいも売られたスピーカーです。

ジャズとJBLの関係をみると、特にノリの良いウェストコーストジャズは、ファンキージャズとも言われますが、その頃のジャズをもっともその雰囲気で再生できるのは、JBLのスピーカーです。

カリフォルニア中心に流行ったウェストコーストジャズですが、JBLもカリフォルニアにありどちらともなく近づいたのでしょうか。

ジャズの形成に貢献したと言えるJBLスピーカー、ジャズを鳴らすためのJBLか、JBLを鳴らすためのジャズか、とさえ言ってしまえるほどこの両者の関係は深いものがあります。

その38cm口径のウーファーのジャズの音は、パワフルで豊か、ハイリゾリューション(高解像度)に付け加えて、ファンキージャズに合う、明るく弾んだ音。更に中域には特別な思い込みが感じられ、やさしく語りかけるこの音は、ジャズには無くてはならないものです。

歴史を紐解くと、1902年に生まれたジェームス・B・ランシングというJBL社の創立者がいました。

1927年に「ジャズ・シンガー」というトーキー最初の映画が上映されると世の中に映画は一気にトーキーの時代となり、そこで使われたのがランシングの作った大型スピーカー、シャーラーホーンです。

その後、ランシングはボイスオブシアターと呼ばれた、どこのシアターでも使われたスピーカーシステムを、アルテックという会社で作りました。
彼は1949年に経営に行き詰まって死を選んだのですが、その直前1946年に現在のJBL社を創立し、死までの短い年月の間に、今も使われている名器を残し、JBL社の基礎を作り上げたのでした。

JBL社のスピーカーには、ランシングが創立した頃と変わらないスピーカー作りがあります。

それは、

*38cmという大口径ウーファースを使うこと(もっと小さい口径もありますが、これはシアター用のプロのものから入ったことみよるものでしょう)

*ホーンスピーカーを中域や高域見つかっているので、高能率のこれらのスピーカーは、反応が早く高解像度である

*JBLの4343も可聴帯域を4つに区切って専用のスピーカーに受持たせる4ウェイスピーカーですが、JBL社のスピーカーはよりクリアな音を出すように3ウェイ、4ウェイが多い

どうでしょう。
これらの特徴から出るJBLの音は、パワフルで豊か、ハイエナジー、ハイリゾリューション(高解像度)、ファンキージャズに合う、明るく弾んだ音なのです。

今、日本各所にある日本のジャズ喫茶ではその多くがこのJBLのスピーカーを使っていて、ジャズ喫茶イコールJBLの音、というのは言い過ぎでしょうか。そんなJBLのスピーカーを、読者のみなさんにも是非聴いてほしいところです。

ジェームス・B・ランシングという男、イタリア系移民の息子として生まれた彼は、当時流行り始めたラジオ用のスピーカーを作りながら、スピーカーを作るための技術や電気理論を学び、当時多くのシアターを経営していたMGMのシアター用スピーカーを作る、というところからチャンスを得てJBL社の前身を創立するところまで活躍したのです。

彼は47歳という若さで死を選びましたが、JBL社の素晴らしいところは、ランシングの志を引き継いだ後継者がランシングの信念を守って大企業にしたことです。明確なポリシーを持ち、単にオーディオメーカとしてだけでは無い、高い企業イメージの企業にしたのは、多くの優れた後継者でした。

そんなJBLスピーカー、まだの方はぜひ聴いてみてください。

新着記事一覧

第96回:2016年8月4日(木) 『JBLとジャズの深い関係』
第95回:2016年7月28日(木) 静けさの研究「青梅の空中回廊、御嶽神社周辺」
第94回:2016年7月21日(木) 『バークリー音楽学院あるいは秋吉敏子の生き方』
第93回:2016年7月14日(木) 『ジャズはレーベルが育てた』
第92回:2016年7月7日(木) 『評論家についての考察』
第91回:2016年6月30日(木) 『ジャズの魅力、中音の魅力』
第90回:2016年6月23日(木) 『ジャズは管楽器でフォローする、ピアノは?』
第89回:2016年6月17日(金) 『低音へのこだわり「ジャズは地下室のクラブで」』
第88回:2016年6月9日(木) 『トッパンホール15周年記念コンサート』
第87回:2016年6月2日(木) 『トッパンホールでの連続コンサート 「(その1)トッパンホールは素晴らしい音 」』
第86回:2016年5月26日(木) 『吉祥寺JBL戦争その2 「ジャズ喫茶という文化」』
第85回:2016年5月19日(木) 『吉祥寺JBL戦争』
第84回:2016年5月12日(木) 『大作曲家への演奏家の思い』
第83回:2016年5月5日(木) 『少年と過ごした素敵な時間』
第82回:2016年4月28日(木) 『フランス音楽の森』
第81回:2016年4月21日(木) 『伝えたい思い(熊本地方の震災に寄せて)』
第80回:2016年4月14日(木) 『ドビュッシーからフランス音楽の魅力に迫る』
第79回:2016年4月7日(木) 『イギリスには美味しいものはないと言うけれど』
第78回:2016年3月31日(木) 『英国詩、仏詩などの世界』
第77回:2016年3月24日(木) 『モーツアルトは真珠、ドビッシーは光のように』

代表サトカズが語る

ポコアンプ3のBluetoothの設定の仕方です。とても簡単ですよ♪上の帯のタイトルをクリックすると大きい画面で見れます。

ポコスピーカーSF30H4WC愛称:ホワイトキャンバスの視聴を上げました。

(株)サウンドファンの製品紹介です。ミライスピーカーとポコアンプ3になります。