"音"で世界の人を幸せにする!

サウンドファンは音のバリアフリー実現のミライスピーカーや現代のコンフォートオーディオを通じて
皆様の幸せのお役に立ちたいと願っております!

2017年9月14日(木)『私も前期高齢者として』

今週の音楽
美しい曲を聞きましょう。モーツァルトのクラリネット協奏曲です。

モーツァルト クラリネット協奏曲 イ長調 K.622

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
今週のエッセイ
私も前期高齢者として

<今回のポイント>
◯年相応の聴覚の衰え
◯加齢での聴覚劣化で、「音質も分からなくなりますね」といわれるけれど。

今回は、私も前期高齢者なので、1高齢者としての日常の聴覚と、音に関わる人生でよく言われたことを書いてみましょう。

毎年の健康診断での聴覚検査では、劣化はあるものの、問題ない範囲だと言われています。日常的に感じるのは、大きな音に対して過敏になり、通常の音量よりも少し大きいだけで避けたくなります。

この現象は専門的には、ダイナミックレンジが狭くなった現象で、鼓膜や有毛細胞の柔軟性がなくなって、少しでも大きな音が入力すると動きが悪くなってしまう現象だと思います。
また、今年還暦になる7つほど若い家内より、テレビの音量は2メモリぐらい大きい方で聞きたい感じがあります。これなどは、少しづつ老人性の劣化が始まっている証拠かもしれません。

ところで、現役の頃から、
「もう、高域の聴覚が劣化しているから、音質はわかりませんよね!」
と度々言われました。

音を評価することと、聴覚の性能について考えてみましょう。

これに関しては、チョット違うと思います。音質に関しては、歳をとるほど解ってくる、ところがあります。補聴器をして音質評価をしていた評論家がいた、という話があるくらいです。
音質評価というのは頭脳的な大脳の作業であり、経験の中から大脳に、良い音、という経験が蓄積されていて、その情報と今聞こえた音を比較する作業です。レビュー(review)、と言うくらいで、見直す作業ですから、経験が必要なのです。

勿論、聴覚の性能が良いほうが良いのですが、高域の特性が劣化したと言っても、6dbとか10db下がっても聞こえているわけで、レベルは小さくてもその帯域の状況は判断できるのです。
勿論、若い人が判断する”いい音”の世界もありますが、そこには多分に才能、という要素があるように思います。

因みに、私が”音がわかるようになって良い製品ができるようになった”と思えるようになったのは、37歳の時で、スピーカーとアンプをそれぞれ10年近くずつ経験してからのことでした。37歳でようやく処女作と言える製品で高い評価を取ることができました。

音に限らず、味覚、視覚、など感覚や芸術の世界では、関係する生理的な感覚器の劣化よりも、そこに関係する大脳の働きのほうが重要な役割を果たすのではないでしょうか。
先日のテレビでは92歳の料理研究家が現役で出演して美味しい料理を作り、出演者を楽しませていました。
一般的に、若い人たちが活躍する感覚や芸術の世界では、明快な表現が素晴らしい効果を出しますが、経験を積んだ人が作る作品は中間的な滲み出るような味わいが特徴ではないでしょうか。
前述したように、若い人の才能による表現と、経験を積んでようやく表現できる世界には、いろいろ面白い見方がありますので、それは後日の話題としましょう。

新着記事一覧

第154回:2017年9月14日(木)『私も前期高齢者として』
第153回:2017年9月7日(木)『聴覚の劣化の原因「有毛細胞」を知ろう』
第152回:2017年8月31日(木)『感音性の聴覚の劣化、4タイプ』
第151回:2017年8月24日(木) 『聴覚を守って、聞こえを確保しよう 「しかし、聴覚は日々衰えている」』
第150回:2017年8月17日(木) 『サウンドファンのパラダイム (企業の魅力と製品開発エネルギーの源泉は何か) 第3回』
第149回:2017年8月10日(木) 『サウンドファンのパラダイム (企業の魅力と製品開発エネルギーの源泉は何か) 第2回』
第148回:2017年8月3日(木) 『サウンドファンのパラダイム (企業の魅力と製品開発エネルギーの源泉は何か)』
第147回:2017年7月27日(木) 『「言葉として虫の声を聞く」日本人のコミニュケーション その3』
第146回:2017年7月20日(木) 『「言葉として虫の声を聞く」日本人のコミニュケーション その2』
第145回:2017年7月13日(木) 『「言葉として虫の声を聞く」日本人のコミニュケーション』
第144回:2017年7月6日(木) 『サウンドファン宮原取締役インタビュー【4】』
第143回:2017年6月29日(木) 『サウンドファン宮原取締役インタビュー【3】』
第142回:2017年6月22日(木) 『サウンドファン宮原取締役インタビュー【2】』
第141回:2017年6月15日(木) 『サウンドファン宮原取締役インタビュー【1】』
第140回:2017年6月8日(木) 『シニアが始めるジャズ喫茶』
第139回:2017年6月1日(木) 『トップインタビューで味わうビジネスマナー』
第138回:2017年5月25日(木) 『新製品「ミライスピーカー・カーヴィー」』
第137回:2017年5月18日(木) 『シャンソンも素敵な新製品「ミライスピーカー・カーヴィー」魅力』
第136回:2017年5月11日(木) 『音づくりの研究「言語構造から読み解く 英語圏仕向けと日本用スピーカーの音の違い」』
第135回:2017年5月6日(土) 『音づくりの研究「ヒトの声はテレビの音が正しいか?!」』

代表サトカズが語る

ポコアンプ3のBluetoothの設定の仕方です。とても簡単ですよ♪上の帯のタイトルをクリックすると大きい画面で見れます。

ポコスピーカーSF30H4WC愛称:ホワイトキャンバスの視聴を上げました。

(株)サウンドファンの製品紹介です。ミライスピーカーとポコアンプ3になります。