"音"で世界の人を幸せにする!

サウンドファンは音のバリアフリー実現のミライスピーカーや現代のコンフォートオーディオを通じて
皆様の幸せのお役に立ちたいと願っております!

2017年12月15日(金)『iPhone X の音が飛躍的に展開 その1 <“ガラスの音”にアプローチする>』

今週の音楽
今週は、特に新しいiPhoneで、迫力ある音が聞けるソースを紹介します。
1)ホテルカリフォルニア(イーグルス)

2)ピアノのジャズ

*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*=*
今週のエッセイ
緊急レポート
iPhone X の音が飛躍的に展開(その1)
『”ガラスの音”にアプローチする』(そのルーツはケンウッドL-01Aか)

私自身もiPhoneを使っていることもあって、その音質進化をフォローしています。
iPhone 4、iPhone 5、iPhone 6、と愛用してiPhoneのニューバージョンが、どう音質的に進化するかを楽しみにしてます。
私の評価では、iPhoneはiPhone 5で非常に高い音質レベルに達したものの、その後は停滞が続いています。

先日、たまたま友人がiPhone X に買い替え、その音をじっくり試聴することができました。
今回は突然ですが、その音質をレポートしたいと思います。

その音ですが、一言で言うと、iPhone Xの音質は”大きく飛躍し展開した”と言っておきましょう。
あえて”展開”と言うのは、電子回路技術によるものではなく、多分アップルでもこの音の”展開”を説明できないと思うからです。

では、始めましょう。
まず、その音ですが、残響や響き、余韻が消えるまで聞こえる、と言えるほどにホールトーンの再生が、よい。ジャズやポップスでも、深々として豊な量感の低音を聞くことができ、楽器は立体的に聞こえ、響き、余韻の聞こえ方は先の記述のようです。
一言で言うと、ふた回りぐらい音楽がスケールアップして、信じられないほど豊かな音なのです。

今週の音楽の、ホテルカリフォルニアとジャズで特に違いがありおススメです。
このように、驚きの音なのです。
では、この音はどうして実現されたのでしょう。

一つにiPhone 7から、ステレオになったことがありますが、オーディオファンとしては、もう一つあげたいと思います。
それは、ガラスのケースにあるのです。ガラスの音、と言うよりも、電磁充電機能のため、ケースが非金属になった効果なのです。(非金属:正確には電気的に高抵抗化しうず電流が流れない材料)

下図のように、電線があって電気が流れると、近くにある金属には渦電流が、誘起されます。

このうず電流は、結果的に電線を流れる電流に、一種の、歪みを発生させます。
別の言い方では、このうず電流は電線の電流を流れないように、いわば足を引っ張るのです。
この足を引っ張るうず電流が無くなれば、電線の電流はとても自由に流れて、再生する音楽も伸び伸び広い空間を表現して鳴り響くのです。

iPhoneの今までの外装にはアルミニウムが使われていたので、このうず電流のマイナス効果があったのです。
蛇足ですが、このような効果は実はラジカセなどもケースが樹脂で作られているので伸び伸びとした音がしていたのです。
この、iPhone Xの非金属効果、理解頂けたでしょうか。

実は、私の現役時代の会社でもかつてこのような効果を狙って製品を作ったことがありました。
ケンウッド、L-01Aというのがそれで、この製品は、非磁性体シャーシが技術ポイントでしたが、本当は、非金属ケースが音の決め手でした。

電気回路の周囲からうず電流が発生する金属を取り除いたのです。
そのために、フロントパネルはアクリル板で作り、天板側板は木材で作ったのです。
ビジネス的には成功したとは言えませんでしたが、音質的に新しい世界を切り開いた製品でした。

もう一度、iPhone X のガラスケースの効果を解説しておきましょう。
《ワイヤレス充電(急速充電)構造》
本フィーチャーは、iPhone XとiPhone 8の目玉で、iPhoneと充電機のコードによる直接的結線無しに急速に充電出来るという機能です。
この機能のためにケースがアルミからガラスになっているのです。
これは、iPhoneを専用の充電パネルの上に置くだけで充電できると言うものです。
その為には、iPhone内部まで、その充電パネルの電磁波が効率良く到達する必要があります。

アルミニウムのケースはこの電磁波をブロックしてしまいます。
そこで、iPhoneはケースをアルミニウムから非金属で電磁波を通すガラスにしたのです。
最近私はiPhone 8に変えたのですが、だいたい上記の音が確認できました。
本、ブログでも何回かiPhoneの音をコメントしてきましたが、是非一度聞かれることをお勧めします。

《注》
・今回の試聴は、iPhone付属のイヤホンを使いました。
・お勧めのイコライザは、「ロック」です。

新着記事一覧

第161回:2017年12月15日(金)『iPhone Xの音が飛躍的に展開 その1 <“ガラスの音”にアプローチする>』
第160回:2017年12月5日(火)『ミライスピーカー・カーヴィーに込めた音質技術者の魂 その3』
第159回:2017年11月15日(水)『ミライスピーカー・カーヴィーに込めた音質技術者の魂 その2』
第158回:2017年10月30日(月)『ミライスピーカー・カーヴィーに込めた音質技術者の魂 その1』
第157回:2017年10月18日(水)『評論家の音から学んだ、音楽性豊かな欧州の音』
第156回:2017年9月28日(木)『「エッセイの在り家」 西郷隆盛と、私の生き方』
第155回:2017年9月22日(木)『スマホ時代の聴覚保護』
第154回:2017年9月14日(木)『私も前期高齢者として』
第153回:2017年9月7日(木)『聴覚の劣化の原因「有毛細胞」を知ろう』
第152回:2017年8月31日(木)『感音性の聴覚の劣化、4タイプ』
第151回:2017年8月24日(木) 『聴覚を守って、聞こえを確保しよう 「しかし、聴覚は日々衰えている」』
第150回:2017年8月17日(木) 『サウンドファンのパラダイム (企業の魅力と製品開発エネルギーの源泉は何か) 第3回』
第149回:2017年8月10日(木) 『サウンドファンのパラダイム (企業の魅力と製品開発エネルギーの源泉は何か) 第2回』
第148回:2017年8月3日(木) 『サウンドファンのパラダイム (企業の魅力と製品開発エネルギーの源泉は何か)』
第147回:2017年7月27日(木) 『「言葉として虫の声を聞く」日本人のコミニュケーション その3』
第146回:2017年7月20日(木) 『「言葉として虫の声を聞く」日本人のコミニュケーション その2』
第145回:2017年7月13日(木) 『「言葉として虫の声を聞く」日本人のコミニュケーション』
第144回:2017年7月6日(木) 『サウンドファン宮原取締役インタビュー【4】』
第143回:2017年6月29日(木) 『サウンドファン宮原取締役インタビュー【3】』
第142回:2017年6月22日(木) 『サウンドファン宮原取締役インタビュー【2】』

代表サトカズが語る

ポコアンプ3のBluetoothの設定の仕方です。とても簡単ですよ♪上の帯のタイトルをクリックすると大きい画面で見れます。

ポコスピーカーSF30H4WC愛称:ホワイトキャンバスの視聴を上げました。

(株)サウンドファンの製品紹介です。ミライスピーカーとポコアンプ3になります。